「music」カテゴリーアーカイブ

4/12「ピアノde シネマ」出演してきました!

こんなに燃えて、擦り切れるまで取り組んだのは久々でした。

サイレント映画ピアニストとして活躍されている、柳下美恵さんにお誘い頂き、アップリンク渋谷『眠るパリ』『月世界旅行』の生演奏上映にゲスト出演してまいりました。

映画のサウンドトラックは憧れ続けつつも、1本まるまるの作曲に取り組んだのは初めて。更に、通常の映画と違い、サイレント映画はセリフや効果音が無い分、常に音楽で演出をし続けるので、ボリュームでいうと2倍~5倍程度多いと思います。

『眠るパリ』は聞き比べ上映という事で、ヨダタケシ版と柳下さん版で上映しました。直前までアプローチを悩み続け、試行錯誤を繰り返し、当日の午前中にやっと作曲を終え、練習をギリギリまでしてアップリンクへ向かいました。

初期のSF、マッドサイエンティストものでありつつ、エッフェル塔とパリの街並みを印象的に描く美しい映像、終始ふざけたコメディタッチ、ロマンスもあり、と盛り沢山な30分。みっちり音を作りこみました。そして、テルミンの演奏と、効果音をどのように活用し、一方で映像を邪魔しない音楽にするか、を追及しました。時間との戦いであり、当日まで不安もありましたがやり切った、という感じでした。

コメディは昔から苦手分野でしたが、一生懸命ふざけた音楽を混ぜ込み、客席から何度も笑いが起こるたびに自分もふきだしてしまい、演奏に影響があったかもしれない・・・(↑これは本当にうれしかった!)

柳下さんのピアノ上映は、感情の揺れや物語の展開やリズムを見事にピアノに同期させた、大変洗練された演出でした。何度みても映画が面白いし、柳下さんのピアノにあわせて観る映画は、過去のローファイなエンタメとは思えない瑞々しさがあります。映画とは不思議なものです。技術とリンクしながら進化していても、視点や芸術性は古くなりません。

『月世界旅行』は、以前から観ていた思い入れのあるSFファンタジー。当初はこちらを聞き比べ上映というお話でしたが、こちらでピアノ演奏とコラボがしたかったので、逆にして頂きました。柳下さんのピアノをベースに、効果音や月世界人の声などをテルミンで載せていきました。1回は落ち着いて鑑賞会、2回目は観客の皆さんも音や声を出したり、テルミンを弾いてもらったり、体験上映をしました。なんと和気あいあいと、楽しい上映だったか。まるでシアター内がツアーチームで、皆さんで月世界旅行に行ったような気分でした。

生活時間を切り崩して臨んだ映画演奏。柳下さんにもお褒めにあずかり、曲作りも演奏活動もずいぶん手ごたえを感じました。こんなに文化的な音楽活動をさせて頂き感謝しつつ、田舎から時間かけてアップリンクに来て、どきどきしながら入場していた過去の自分に自慢したい気分で。つまりはしゃいでいます。これだから音楽活動はやめられない!→一週間燃え尽き症候群でした。

遅ればせながら、皆様ありがとうございました。またときめきのある音楽をお届けしたいと思います。

RIPPLE柏 2018 に出演いたします。

5/6 柏市で「RIPPLE柏」という音楽祭があります。市街複数の場所にて、音楽家による生演奏が繰り広げられます。旅する音楽達が街を彩ります。

私は、柏駅東口、二番街商店街モディエントランス会場にて、屋外ソロライブを3回行います。柏市の皆さんを、テルミンの不思議な音色の世界にいざないます。

ゴールデンウィーク中の午後、他の音楽ライブを含め、柏の街をめぐりながらお過ごしになるのも楽しいかと思います。

2017年 ありがとうございました!

2017年、私は7つのイベント、計14ステージに立ちました。劇伴、アートコラボレーション、ゴアトランスイベントなど、趣向も様々、なんと音楽の世界が広がった事か。お陰様でたくさんのオリジナル曲ができました。その他にも店舗BGMや動画作品への楽曲提供など、嬉しいご縁を頂きました。オファーを頂いたり、おつなぎ下さった方々に感謝致します。

■2017年出演イベント

 1.21 Reflectins Release Party @ 落合soup

 3.18 VH20 @heavysick ZERO

 3.24 Spiklenci Slasti@ 高円寺cave

 4.29 「華花はな展」内朗読イベント「のんしゃらん記録」 @銀座アートホール

 5.27『第2回 春のとみおかフランス祭ァ群馬』@富岡製糸場

 7.15-16 舞台「みえちゃったりする」亜路企画 @ゆうど

 12.9 (sat)FANTATONE @ひかりのうま

何よりもイベントで繋がるご縁の幸せな事。現場で一緒に過ごす時間の幸せな事。本当に有難うございます。イベントにご出演頂いた皆さまや、挫けそうな時に励ましてくださった友人達に感謝すると共に、来年も新たなステージへ挑戦していこうと決意しております。引き続きご支援賜りますようお願い申し上げます。

Special Thanks to

 異ジャンルの私をすばらしいAmbientライブイベントに置いて下さったNogawaさん 

 今年も朗読の面白さを教えて下さった江澤さん、チェリーさん

 以前からやってみたかったゴアトランスライブを実現させて下さった飯田さん

 私を数々の大きなステージに引き上げて下さったemullenuett 須田さん、清水さん

 演劇音楽の世界にお誘い頂いた岩城さん、大黒さん 

 憧れのテルミニスト競演を叶えて下さったフェイターンさん、児嶋さん

 夢のようなお店のBGMに音楽を使って下さったManaboo高橋さん

TAKESHI YODA

FANTATONE テルミン3人会やりました!

2017/12/9 大久保ひかりのうまにて、児嶋佐織さん、フェイターンさんとのテルミン三人組でのライブイベントを開催しました。夢のような音ばかりのライブイベントをやりたい、と昔に想像だけしていた「FANTATONE」というイベント名で。

児嶋さんは以前からライブを拝見していて、いつかご一緒したい、それまで精進しようと決めていた憧れのアーティストだったので、早すぎる共演のお話に武者震したものです。

今年も様々な音楽活動はしましたが、ソロのオリジナルライブは3月ぶり。気合いも最高潮。2016年の5月ぶりにディスクオルゴールDJセットを引っ張り出してきて、修理をして使えるようにしました。更に、時間も殆どないなか、どうしても新曲が作りたくなって、寝る時間も惜しんでギリギリまで作曲、オルゴール打ち込みなどをして準備しました。

当日もオルゴールが壊れ、出かけに半田付けをしてたりしましたが、なんとか現場に間に合い、大先輩お二人のリハにうっとりしつつ本番を迎えました。

知人を中心にお客様たくさんいらして頂き、和やかな中演奏しました。ハプニングも色々ありましたが無事演奏終え、新曲もご披露できて幸せでした。最後に3人でセッションできたのも嬉しかった。もっとやりたい気持ちでいっぱいです。

児嶋さん、フェイターンさんは本当に素晴らしい(うまい言葉が見つからない)。機材トラブルがありつつも魅惑のステージができ、テルミンは一要素でしかないとばかり、音楽を自分のものにされているのが伝わりました。

楽曲も演奏も好みでのびのびしてて。見てて気持ちいい。とにかくまたやりたいです。もっと私も楽器と音楽と探求したい!

お越し下さり、楽器特有のハプニングにも暖かく見守ってくださったお客様、そしてひかりのうまマルタさん、お誘い頂き大阪からおいでくださったフェイターンさん、児嶋さんに感謝致します。

<TAKESHI YODA セットリスト2017.12.9>
1. 月のオルゴール
2. 天使のサナギ
3. あの雲を追って
4. Time Limit
5. Gymnopédie No. 1
6. 秘密
7. 車輪

5/27 富岡製糸場でパフォーマンスいたします!

世界遺産に正式登録された事も記憶に新しい、群馬県 富岡製糸場にて、パフォーマンスを致します。

5/27『第2回春のとみおかフランス祭ァ群馬』の関連イベントとして、サンドアートユニット エミュレヌエットによるサンドアートパフォーマンスがあります。今回は私も音楽で参加し、オリジナル楽曲、テルミンの生演奏で物語に彩りを添えます。

富岡製糸場、フランスを題材に、サンドアートも新作となります。世界遺産で鳴り響くテルミンにもご注目ください。

詳細は富岡製糸場公式サイトをご覧ください。

六甲オルゴールミュージアムに出演致します。

11/5-6、六甲オルゴールミュージアムで行われる、オルゴールとサンドアートのパフォーマンスに、テルミン演奏でコラボ参加致します。

実は子供の頃に家族でこのミュージアムを訪れて、夢心地になりました。ヨダ少年は自動演奏楽器に感動し、帰りがけにパンチカードのオルゴールを買ってもらいました。今もそのオルゴールを含めた複数のパンチカードオルゴールを使ってライブパフォーマンスをしています。

img_3905

想い出の場所で、夢の自動演奏楽器やサンドアートとコラボできる事が本当に幸せです。お題である「鏡の国のアリス」の世界に入り、不思議な音楽を奏でてきます。今度は私から皆さんに。想い出に残る、極上の夢をお約束します。

阪急電鉄プレスリリースhttp://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000819.000005180.html

六甲オルゴールミュージアムhttps://www.rokkosan.com/museum/event/cat_event/477/

読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/adv/economy/release/detail/00239104.html

【開催日】2016年11月5日(土)、6日(日)
【開催時間】18:00~19:00(17:30開場)
【料金】無料
※入館料別途要

【定員】100名 ※予約優先、空席がある場合は当日受付を行います。
【予約方法】電話(078-891-1284)または当館HPより予約
https://www.rokkosan.com/museum/event/cat_event/477/
【予約開始】2016年10月3日(月)
※入館料大人1,030円(中学生以上)、小人510円(4歳~小学生)