カテゴリー別アーカイブ: event

舞台「みえちゃったりする」出演してきました。

7/15,16と、亜路企画の舞台「みえちゃったりする」の音楽を担当致しました。主催は俳優であり、声優やナレーターとしても活躍中の大黒 和広さんです。脚本はトリック2などで有名な福田卓郎さんです。

二人芝居を3チーム、計6名の俳優さんが演じるという企画でした。幽霊が登場する現代劇。ホラー・サスペンス要素もありますが、基本のトーンは押せ押せのコメディ。トリック2同様、とにかくダジャレの嵐でした。なので、とにかく言葉とノリを殺さないよう、いろいろなドラマ音楽を研究しました。

テルミンの音色が基本的に不気味なので、バカバカしい音と不気味のギリギリを狙おうと、アイヌの口琴「ムックリ」を一日中練習して取り入れたり、波形をひたすらいじったり。そのほかも書ききれないほど、実は相当作品に向かい合いました。

演技を動画や稽古で拝見したのは割と直前でしたので、どう転ぶのか、正直不安でしたが、大黒さんがどっしり受け入れてくださり、シーンに追加曲もいただいたので、張り切って公演日ギリギリまで頑張りました。

会場はギャラリー「ゆうど」さん。古民家を改造したような、都会の隠れ里。日本の知恵が昇華したような空間です。公演当日は、とにかく俳優さん達のライブ感に溢れる戦いの現場でした。チームによってかなり違う解釈に、音楽の間やテルミンの奏法を変えながら演奏にあたりました。

幕間のテルミン演奏では、多くの方が不思議がってくださり。ニヤリ。
音楽も自分との戦いであり、聞き手との戦いであり、その瞬間との戦いですが、演技はさらに、「存在そのもの見続けられる」というプレッシャーの渦中にあり、当たり前ですが、熱量がすごい。違った個性とパワーの溢れる俳優さん達の存在と、演技に、考えされられる事も多く。そういう意味でも良い経験をさせて頂きました。(7公演見ましたが、全く飽きなかったのすごい。)

ご来場くださいましたお客様。声をかけてくださった大黒さん、岩城さん、俳優の皆さん、スタッフの皆さん。素晴らしい機会と時間をありがとうございました。

みなさま。これからの亜路企画の活動、要チェックですよ!

最後に、舞台で使った曲を1曲お届けします。コメディタッチの曲が多い中、1番ピュアな曲を。登場人物が好きな人を想うシーンで、演技を観ながら半ば即興的にできた曲です。

 

富岡製糸場でのライブパフォーマンス

2017527日、世界遺産である富岡製糸場内のイベントに出演致しました。「春のとみおかフランス祭ァ群馬」の関連イベントとして、サンドアートデュオemullenuett(エミュレヌエット)によるサンドアートパフォーマンスがあり、私は音楽担当として参加しました。

IMG_6412

これまでもお二人とはいくつもの作品でコラボレーションさせていただきましたが、今回は新作2作品、『富岡製糸場』『黄色いバラ』をお送りしました。音楽は全てこのパフォーマンスのために作曲しました。

18670995_1350188051737821_2014446753956973278_n
3回の公演で、合計500名ものお客様にご覧いただきました。パフォーマンス後のワークショップも含め、沢山の反響があり、幸せな時間はあっという間でした。本当にありがとうございました。

IMG_6421

極上の社会科見学スポットでした。
演奏の合間には製糸場内を見学させて頂きました。画期的な産業の繁栄の証を目の前でみつつ、実際に文化財の中でパフォーマンスをするという事が、何かとても尊い事に感じました。修復、保存の過程も直に見れたり、当時の蒸気エンジンのレプリカが豪快に見れたりするので、工場見学✕史跡見学といった、掛け合わせたっぷりの魅力がありました。

スクリーンショット 2017-06-01 23.18.42IMG_6394

サンドアートの魅力について。
砂を手で操りながら絵を展開させていくサンドアート。特にemullenuettの作品は、テンポよく流れる物語が非常に音楽的だと感じています。しかけ絵本のように驚きのある展開も魅力で、毎度観客の皆様と同じようにワクワクに包まれます。emullenuett オフィシャルサイトも是非チェックしてみてください。色々な作品がご覧いただけます。http://emullenuett.com/

■当日演奏した曲目は以下です。

『富岡製糸場』
・富岡桜
・Steam Power
silkworms

『黄色いバラ』
・街の灯り
・黄色いバラ(出会い)
・蝋燭と時計針
・黄色いバラ(願い)
・黄色いバラ(ワルツ)

5/27 富岡製糸場でパフォーマンスいたします!

世界遺産に正式登録された事も記憶に新しい、群馬県 富岡製糸場にて、パフォーマンスを致します。

5/27『第2回春のとみおかフランス祭ァ群馬』の関連イベントとして、サンドアートユニット エミュレヌエットによるサンドアートパフォーマンスがあります。今回は私も音楽で参加し、オリジナル楽曲、テルミンの生演奏で物語に彩りを添えます。

富岡製糸場、フランスを題材に、サンドアートも新作となります。世界遺産で鳴り響くテルミンにもご注目ください。

詳細は富岡製糸場公式サイトをご覧ください。

六甲オルゴールミュージアムに出演致します。

11/5-6、六甲オルゴールミュージアムで行われる、オルゴールとサンドアートのパフォーマンスに、テルミン演奏でコラボ参加致します。

実は子供の頃に家族でこのミュージアムを訪れて、夢心地になりました。ヨダ少年は自動演奏楽器に感動し、帰りがけにパンチカードのオルゴールを買ってもらいました。今もそのオルゴールを含めた複数のパンチカードオルゴールを使ってライブパフォーマンスをしています。

img_3905

想い出の場所で、夢の自動演奏楽器やサンドアートとコラボできる事が本当に幸せです。お題である「鏡の国のアリス」の世界に入り、不思議な音楽を奏でてきます。今度は私から皆さんに。想い出に残る、極上の夢をお約束します。

阪急電鉄プレスリリースhttp://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000819.000005180.html

六甲オルゴールミュージアムhttps://www.rokkosan.com/museum/event/cat_event/477/

読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/adv/economy/release/detail/00239104.html

【開催日】2016年11月5日(土)、6日(日)
【開催時間】18:00~19:00(17:30開場)
【料金】無料
※入館料別途要

【定員】100名 ※予約優先、空席がある場合は当日受付を行います。
【予約方法】電話(078-891-1284)または当館HPより予約
https://www.rokkosan.com/museum/event/cat_event/477/
【予約開始】2016年10月3日(月)
※入館料大人1,030円(中学生以上)、小人510円(4歳~小学生)

JapanExpoファッションショーの音楽を担当します!

2016年7月にパリで開催されるJapan Expoにて、和ドレスブランド ALIANSAさんのファッションショーがあります。

今回ご縁あってショーの音楽を担当させて頂く事になりました。キーワード<大正浪漫、和洋折衷、強い女性、裁縫、仏教、観音、宇宙、雅楽>のご要望を頂きました。多数の構成要素、点と点を一つの糸につなぎ、そして布を織り上げるようにエレクトロニカを作曲しました。シンセサイザーに加え、テルミン、生グラスハープ、鉄琴、裁ちばさみ、お借りした読経ライブの音源など、たくさんの音を散りばめています。13388964_1071589659593343_868163334_o

ALIANSAさん独特の、日本の美しい布を大胆に使った、美しいドレス。ライフワークとして自ら観音に成り切り、ダンスをされている美しいパフォーマー 美醜さん。空間デザインも加わり、とにかく華やかステージが想像されます。
13382183_1071153026303673_1845343522_n

相当複雑に入り組み、挑んだ私の音楽がどんな化学反応を生むか、今から楽しみで仕方ありません。私はパリ現地には行きませんが、また何かしらお知らせできればと思います。

ALIANSAオフィシャルサイト http://aliansa.jp/
JapanExpoオフィシャルサイト http://www.japan-expo-france.jp/jp/

ひとつのライブについて

人生の中で、絶え間なく表現者でいられるのは、ごく一部の恵まれた人だけだ。

私は偶然が重なって今、表現者の端くれでいるけれども、これは期限付きの短い幸運だとわかっている。いい夢だなあと思いながら、もう明け方の明晰夢。起きる直前で必死に味わっている。

よく「ライブ頻繁にやってますね」と言われるけれども、近々ではもう数少ない花火なので、一つ一つ大事に思っているし、毎回違う世界でやっている。それぞれがその一瞬しかない特別な時間だからだ。正直、毎回死ぬ気でやっている。

同じ場所で、同じ夢に関わった人は私にとって大事な人であるし、お互いに幸せな仲間だと思う。そういった方々からの反応や言葉はみんな覚えているし、私をかたち創っている。

本当にありがとう。さようなら、一つの夢。

icon

鎌倉路地フェスタ出演してきました。

2016/4/30 鎌倉路地フェス「鎌倉アーティストの祭典2016」に出演致しました。
以前に公演を拝見したご縁で、紅月劇団主宰 石倉正英さんからお話頂き、共演させて頂きました。

鎌倉は新緑の季節。当日は快晴でいたるところが緑に輝いていて、それはそれは爽やかな光景でした。

会場は古民家をそのまま残したイベントスペース、CoMinka
ウグイスの声が聴こえる広間で、ライブや朗読、落語、参加しながら楽しんでしまいました。

私達の演目は『稲生家=化物コンクール』。江戸の妖怪ノンフィクション?パニックコメディの『稲生物怪録』をモチーフにした稲垣 足穂の作品です。石倉さんの朗読にあわせて、私はテルミンで音響効果やテーマソングをやりました。

次々に現れる妖怪達、その正体とは。かなり面白い題材で、楽しみながら掛け合いをしました。